線香、お花、手紙、喪中見舞いを贈るならシャディギフトモール

コンテンツへ
サイト内検索

喪中見舞い

お世話になったあの方へ
お悔やみの気持ちを込めて

すべての商品を見る

“喪中はがき”が届いたら

近年ではご家族だけで故人を見送る家族葬も増え、
年末に届く喪中はがきで訃報を知るということも。
喪中はがきの返事として、手紙やカードを贈るのが一般的ですが
最近でははがきに品物を添えて贈る方も増えているようです。

喪中見舞いを贈る時期

特に決められた時期はありません。相手にお悔やみの気持ちを早く伝えるという面では、喪中はがきが届いたら年内に品物にメッセージを添えて、喪中見舞いを贈ることが多いようです。

喪中見舞いに贈る品物

お線香やろうそくなど、お供え物として相手が気兼ねなく受け取れるものが人気です。贈る品物の金額は、相手が負担を感じない3,000円から5,000円が一般的です。

お悔やみ状について

お悔やみ状は、お悔やみが遅れたことに対しお詫びの気持ちを込めて贈るものです。品物を贈る場合は、お悔やみ状を添えて贈ることがおすすめです。

シャディのサービスオリジナルお悔やみ状作成

選べるカードデザインに、
お好きなメッセージを入れてお品物に添えられます。
文面にお悩みの方には、下記の例文をご参考にお作りいただけます。

商品ご購入前にお作りください

文面の例

〈1〉

この度はご丁寧なご挨拶状を頂き、ありがとうございました。
ご訃報に際し、心から哀悼の意を表すとともに、○○様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。心ばかりではございますが、お品ものをお贈りいたします。お供えいただければと存じます。

〈2〉

年賀欠礼のお知らせをいただき、大変驚いております。遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。心ばかりのものですが、お供え品をお贈りさせて頂きます。御仏前にお供えいただければと存じます。

〈3〉

○○様ご逝去とは存じ上げず、新年のご挨拶状をお送りしてしまい大変失礼致しました。この度は心よりお悔やみ申し上げます。心ばかりではございますが、喪中お見舞いの品をお贈りいたします。お使いいただければと存じます。

挨拶状を詳しく見る

お線香

お線香をあげる意味合い

古くからお線香には、仏様となった故人の食事という考えがあります。
また、供える方自身の身も清める意味があると言われています。
よい香りの元で仏様と対話することで、日々の喧騒から離れ心を落ち着けることができるのです。
このように、お線香をあげることは故人を大切に思う気持ちを表したもの。
そのため、故人とご親族の方への定番の贈りものとされています。

お線香をすべて見る

気持ちを伝える
おすすめアイテムピックアップ

喪中見舞いは、故人を偲び、ご親族を慰めるもの。
お供え物はもちろん、故人が好きだったものを贈るなど
気持ちを伝える形は様々です。

価格から選ぶ

喪中見舞いの相場は、3000円~5000円程度。
また、喪中見舞い文化が広まるにつれて1万円程度の品物を贈る方も増えています。

カテゴリから選ぶ

お供えいただけるもの、普段からお使いいただけるものなどが喪中見舞いの贈りものとして好まれています。

シャディのサービスのし・包装紙

シャディではのし・包装紙を無料でお選びいただけます。

のし一覧

ゆり柄

結びきり

結びきり・関東用

結びきり・関西用

包装紙一覧

ラピス

濃紺で光沢感を抑えたデザイン

シルバータッチ

グレーの落ち着いた花模様

リリーラベンダー

やわらかな印象のゆり模様

バイオレット

濃紺にゆりをあしらったデザイン

喪中見舞いの表書き

POINT
「喪中御見舞」「御仏前」「御供」などからお選びください。

お亡くなりになられた日から四十九日までは「御霊前」を、
四十九日の忌明け法要当日からは「御仏前」を使用。
「御供」「喪中御見舞」は、どの場合にもお使いいただけます。

PAGE TOP